知らないと損する!利息を抑える方法

これからカードローンを利用しようという方も、そして現在カードローンを利用しているという方も不安に感じているのはカードローン返済でしょう。

 

 

カードローンおすすめランキング
  おすすめ順 年利 限度額 スピ
ード
おま
とめ
詳細
プロミス
プロミス
4.5%〜17.8% 最高500万円 詳細
オリックス銀行
オリックス銀行
3.0%〜17.8% 最高800万円 詳細
三井住友銀行
三井住友銀行
4.0%〜14.5% 最高800万円 詳細
モビット
モビット
3.0%〜18.0% 最高800万円 詳細
アコム
アコム
4.7%〜18.0% 最高500万円 詳細

 

現在借り入れたお金の返済を、将来の収入から差し引くものです。
つまり、これから先の収入にはカードローンの返済という支出項目が追加されることとなります。

 

先の支出が決まっている、これには不安があるでしょう。
しかしカードローン返済について不明だからこその不安です。
カードローン返済とはどのようなものであるのかを理解することで返済の意欲も変わるでしょう。

 

カードローン各社によって違う返済方式とは

違う返済方式

 

返済方式というのは聞きなれないかもしれません。
カードローンでは返済方法とは違い、返済方式というものがあります。

 

返済方式とは毎月の返済額を決めるための計算方法です。

 

さまざまな返済方式があり、その内容は同じでも呼び名が違うということも少なくありません。
毎月の返済額とはいっても、消費者金融カードローンの場合、最低返済額を指しています。
つまり、それ以上の返済額を用意することは自由です。

 

  プロミス モビット アコム
返済方式 残高スライド元利定額返済方式 借入後残高スライド元利定額返済方式 定率リボルビング方式
最終借り入れ後の残高に応じて変わる 最終借り入れ後の残高対に応じて変わる 借入金額に一定の割合をかけた金額
返済額(10万円当たり) 4000円 4000円 5000円

 

カードローンの返済方式には違いがあります。
プロミスともビットは返済方式の名前こそ違うものの、基本的な考えは一緒です。
最終借り入れ後の残高に応じて返済額が変わります。

 

ただし、返済方式が違い、返済額が違うこと、これはそれほど気にしなければならないものではありません。
なぜなら、返済額は決められたものを支払うのではなく、自分で計画を立ててい決めていくからです。

 

カードローンの返済額を自分で決めること、その重要性をご説明しましょう!

効率のよいカードローン返済をする方法は単純だった

効率のよい返済方法

 

実は効率のよい返済をすることには何も面倒なことはありません。

 

 

利息の計算方法を知り、返済額の内訳を知ることで効率のよい返済ができます。


 

毎月返済があります。
約定返済額が決められていることでしょう。
しかしその約定返済額つまり、約束の返済額は最低限の返済額でありそれ以上を返済することは自由になっています。

 

返済額の内訳=元金充当額+利息

 

これを覚えているだけで返済が大きく変わるはずです。
返済をすればそれが返済された金額になるという誤解はあるでしょう。
実際には返済額のすべてが元金に充当されているのではありません。
利息が先に決まり、あまった金額が元金に充当されています。

 

次に重要になるのは利息の計算方法です。

 

利息=借り入れ残高×金利÷年間日数×利用日数

 

実際に計算して見ましょう!
金額と利用日数によってカードローンの利息が変わることがわかります。

 

<例1>借入残高10万円で金利18%

・利用日数が30日(月に一度の返済)の場合
10万円×18.0%÷365日×30日=1,479円

 

・利用日数が15日の場合
10万円×18.0%÷365日×15日=739円

 

<例2>借入残高30万円で金利18.0%

・利用日数が30日の場合
30万円×18.0%÷365日×30日=4,438円

 

・利用日数が15日の場合
30万円×18.0%÷365日×15日=2,219円

 

利息計算式の考え方

1日の利息を何日分支払うのか、それによって支払う利息が決まります。

 

利用日数に応じて利息が大きく変化したことがわかりました。
今度は返済額の内訳をみてみましょう。

 

<例1>10万円借り入れ時に30日間利用で、返済額を3,000円にした場合

10万円×18.0%÷365日×30日=1,479円(利息)
返済額3,000円−利息1,479円=元金充当額1,521円

 

<例2>10万円借り入れ時に15日間利用で、返済額を3,000円にした場合

10万円×18.0%÷365日×15日=739円(利息)
返済額3,000円−利息739円=元金充当額2,261円

 

10万円借入時に3,000円を返済したときの内訳

 

利息が変わることによって元金充当額も変わります。
カードローン返済の基本は「どれだけ元金を返済できたか」によるものです。
利息を抑えること、もしくは元金充当額を上げることの二つの方法を覚えておきましょう。

 

利息を抑えるなら

利用日数を減らして、返済額の内訳のうち利息の支払額を抑えて元金充当額の割合を増やす

 

元金充当額を上げるなら

カードローン返済額を増やして元金充当額を増やす

 

借入先が増え、カードローン返済が難しくなったとき

返済が難しくなったとき

 

1社からの借り入れであれば、まだカードローン返済がしやすいということもあるでしょう。
しかし借入先が増えることによってカードローン返済が困難になることがあります。
それは困難になるのではなく、混乱しているだけとも考えられます。

 

状況を整理することでカードローン返済がわかりやすくなることもあります。

 

  1. 銀行カードローンで低金利の借り換えをして返済しやすくする
  2. 消費者金融のおまとめ専用ローンを使って返済を簡潔にする

 

銀行カードローンでおまとめをする

銀行カードローンの場合、大口融資で金利が低くなるという特徴があります。
たとえばオリックス銀行カードローンです。

 

おまとめ借り換え

 

利用限度額 借入利率(年)
700万円超800万円以下 3.0%〜4.8%
600万円超700万円以下 3.5%〜5.8%
500万円超600万円以下  
400万円超500万円以下 4.5%〜8.8%
300万円超400万円以下  
200万円超300万円以下 6.0%〜12.8%
150万円超200万円以下  
100万円超150万円以下 9.0%〜14.8%
100万円  
100万円未満 12.0%〜17.8%

 

融資額が大きくなるにつれて金利が低くなっていることがわかります。
複数の借り入れをまとめることで融資金額が高くなるのであれば利息を抑えて返済にかかる負担が軽減されるでしょう。

 

オリックス銀行カードローンの返済方法と月々の返済額

三井住友銀行カードローンの返済方法と月々の返済額

 

消費者金融の専用おまとめローンを利用する

消費者金融には総量規制があり、借り入れ金額は本人の年収の3分の1までという法律があります。
そのため大きな金額を借り入れることは難しいとされていますが、おまとめをするための専用ローンがあることも消費者金融の特徴です。
そもそもがおまとめをすることが目的であるために審査が柔軟というメリットがあります。

 

プロミスの返済方法と月々の返済額

モビットの返済方法と月々の返済額

アコムの返済方法と月々の返済額

 

 

返済先が複数になる状況が混乱したときには、まずは1社にまとめることからはじめてみましょう。


 

 

返済が遅れて督促が届くようになったら「債務整理」も検討

借入先が増える、それはつまり返済先が増えるということ。多重債務となり「返済をすることによって今後の生活が成り立たない」状況にまでなれば債務整理を検討しなくてはなりません。

 

しかし、多重債務に陥っているという状況は本人では自覚が少ないこともまた事実。それではどのようなタイミングが「多重債務」であり「債務整理を検討」しなければならない時期なのでしょうか?

 

督促状が届き始めたら見直しのタイミング

返済が困難になる、もしくは返済が後回しになっているからこそ督促が届くまでの事態になっています。

 

  1. 返済期日に返済ができない
  2. 借入先から電話連絡
  3. 借入先から電話連絡
  4. 督促状が届く
  5. 未払い催告
  6. 個人信用情報機関に遅延の登録
  7. 訴訟検討
  8. 裁判手続き
  9. 財産差し押さえ等強制執行

 

返済日を過ぎると、通常2度程度借入先から電話連絡があります。
1回目は「お伺い程度」のもの。
うっかり忘れの可能性も高いため「お忘れではありませんか」との連絡が入ります。
2回目は返済の催促です。
それ以降は督促状が届き始め、このころには融資限度額が減額され新しい借り入れはできません。

 

督促状が届き始めるようになるとその後の展開は驚くほど早く、それが何件もの借入先があるとなれば遅延している返済額すべてに対応することは到底難しくなります。最終的には財産差し押さえとなりますが、この「最終的」も督促状が届き始めてからは数か月程度です。

 

どのように差し押さえられるのか不安に感じるでしょう。給与が振り込まれている口座、もしくは普段返済や支払いのために残高を残している口座、これらが差し押さえられます。強制的に返済額として回収され、「残高を記帳してみれば0円になっている」という状況です。

 

後回しにしていた返済のために、引き落とされなければ生活が成り立たない入金額が0円になっている。恐ろしい状況になってしまうことがおわかりになるでしょう。

 

債務整理は個人では難しい

任意整理、特定調停、また住宅がある場合には個人再生、どうにも対処ができないほどになっていれば自己破産も検討しなくてはなりません。また、借入期間が相当に長くなっていれば貸金業法改正以前からの借入も考えられるため過払い金が発生している可能性もあります。

 

債務整理にも種類があり、個人で判断することが難しいだけではなく、「債権者との交渉」という大きな壁もあります。

 

個人で債務整理を行うことは困難であり交渉がうまくいかない、希望通りにはならないという事態は少なくありません。信頼できる弁護士、司法書士を探して依頼することが近道になるでしょう。

 

街角法律相談所では全国対応の法律家が登録しており、無料相談シミュレーター診断があります。

 


⇒【街角法律相談所】債務整理無料診断シミュレーター