もしも、借金を残したまま死んでしまったら・・・

カードローンだけではありませんが借金を残したまま債務者が死亡した場合、その返済はどのようになるのでしょうか?
自分の債務がどうなるのか?
もしくは家族の債務は返済しなくてはならないのか?
ここでは借金の相続についてみてみましょう!

 

法定相続人の順位

相続財産を受け継ぐ権利と義務がある、それが相続人です。
権利だけであれば放置することもできるものの、義務も追わなくてはなりません。
財産は相続するもの、それが決められています。

 

※民法896条本文
「相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。」

 

もちろんプラスとなる財産も、実はマイナスとなる財産もあります。
借金、負債、それも財産であり相続をしなくてはならない対象です。

 

民法ではこの相続人について定めています。
血縁者、家族がすべて相続人になるのではなく順位が決められています。

 

法定相続人の優先順位

 

配偶者は常に法定相続人です。
それに加えて法定相続人は順位が決められています。

 

つまり、実際の組み合わせと法定相続人の順位はこのようになります。

 

法定相続人の順位

  1. 配偶者と子供→配偶者も直系卑属(子供)もいる
  2. 配偶者と死亡者の親→直系卑属がおらず、配偶者と直系尊属がいる
  3. 配偶者と兄弟姉妹→子供も親もおらず、配偶者と兄弟姉妹がいる
  4. 配偶者→直系卑属も直系尊属もおらず、配偶者がいる
  5. 子供→配偶者はおらず、子供がいる
  6. 親、祖父母→配偶者も子供もおらず、直系尊属がいる
  7. 兄弟姉妹→配偶者も直系尊属もおらず、兄弟姉妹がいる

 

相続放棄

財産は相続しないという選択肢もあります。
ただし覚えておかなくてはならないのは2択しかないということです。

 

  • すべてを相続するのか
  • すべてを相続放棄するのか

 

借金だけを相続しないというのではなく、相続放棄を行えばプラスとなっている財産もまたあきらめなくてはなりません。
もしかすれば借金よりもプラスの財産が上回っているということも十分にありえることです。

 

配偶者が相続放棄
 ↓
第1順位法定相続人が相続

 

配偶者と第1順位法定相続人が相続放棄
 ↓
第2順位法定相続人が相続

 

このようにいわばたらい回しの状態になります。
そのため全員が借金から逃れるためには、法定相続人が全員相続放棄を行わなくてはなりません。

 

相続開始を知った日から「3ヶ月以内」に相続を放棄することを書いて裁判所に申述しなくてはなりません。

 

返済の不安を解決