プロミスの借り入れが10万円なら月々の返済額は4千円

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス、最近ではテレビCMも変わり安心できる消費者金融としてのイメージが定着しそうです。

 

全国展開のプロミスではポイントが貯まる珍しい消費者金融であると同時に、30日間の無利息サービス(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)があることでもダントツの人気となっています。

 

プロミス
⇒プロミスのお申込みはコチラ

 

月々の返済額はどのようになっているのかをみてみましょう!

 

プロミスの返済方式は残高スライド元利定額返済となっており、キャッシングを扱う業者の中ではごく一般的になります。「最終借入後の残高」に応じて返済額が変動します。

 

借入残高ではなく、最終借り入れ後の残高です。例えば、

 

  • 10万円の借り入れをして返済だけを行っていれば最終借り入れ後の残高は10万円です。
  • 10万円を借り入れ、返済をしていたけれどもさらに借り入れを増やし借入残高が20万円となった、となれば今度は最終借り入れ後残高は20万円です。
  • 10万円を借り入れ返済をし、残高が2万円となったところで新たに3万円の借り入れをした、この時には最終借り入れ後残高は5万円です。

 

最終借り入れ後残高に対して一定の割合を掛けます。
1,000円未満は切り上げで返済額を決めます。

 

30万円以下は3.61%、30万円超〜100万円以下が2.53%、100万円超は1.99%が一定の割合として掛けられます。

 

10万円を借り入れたときには一定の割合3.61%を掛けて3,610円が返済額となりますが1,000円未満は切り上げになりますので月々の返済額は4,000円になります。

 

プロミスの貸付条件
利用対象 20歳〜69歳
ご融資額 1〜500万円
実質年率 4.5%〜17.8%
遅延利率 20.0%(実質年率)
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
返済期間 最終借入後原則最長6年9ヶ月・1〜80回
担保保証人 不要
必要書類 運転免許証(運転免許証をお持ちでない方は、「健康保険証」+「1点(例:住民票)」またはパスポートをご用意ください)
※外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」(法令により、有効とみなされる期間内は外国人登録証明書を含む)をあわせてご用意ください。
※お借入総額により収入証明書類(源泉徴収票等)が必要です。
※個人事業主の方は確定申告書(写し)等が必要です。

 

プロミス
⇒プロミスのお申込みはコチラ

 

カードローンおすすめランキング
  おすすめ順 年利 限度額 詳細
プロミス
プロミス
4.5%〜17.8% 最高500万円 詳細
オリックス銀行
オリックス銀行
1.7%〜17.8% 最高800万円 詳細
三井住友銀行
三井住友銀行
4.0%〜14.5% 最高800万円 詳細
モビット
モビット
3.0%〜18.0% 最高800万円 詳細
アコム
アコム
3.0%〜18.0% 最高800万円 詳細